信仰を持ち、心はどう変わるのか

こちらのページでは「信仰の対象にはいったいどんなものがあるの?」という点にスポットを当てていきます。 いったい世界にはどれほどの信仰の対象があるというのでしょうか? まだわからないところも多くて信仰をもつにもいろいろありそうですが、ここで調べて勉強していきましょう!

信仰をもつとはそもそもどのような状況なのか?

「信仰を持つ」、今の日本人にはあまり馴染みのない言葉のように感じます。
「信仰」とは、そもそもどんな意味をもつ言葉なのでしょう?
デジタル大辞泉で調べてみると
『神仏などを信じてあがめること。』
とあります。
また、そこから転じて、神仏以外の何かを強く支持することも指すようです。
何か絶対だという存在を信じる、宗教などの教えを自分の心の支えにするということ。
現在の日本人に、このような信仰をもつ人たちはいったいどれほどいるのでしょうか。

海外に目を向けると、多くの人々がその地域に根付いた宗教を信仰して日々の暮らしを営んでいるそうです。
その場所場所での教えから育ち、影響を受けて人格が出来上がっていきます。
神や仏といった対象を信仰し、その教えが人々の精神的支柱になっている部分もあるのです。
海外では何の宗教を信仰しているか、というのはその人のバックボーンを表す重要な要素だと考えることもできますね!

また、なにも神仏だけが信仰ではありません。
何か特定のものやこと・思想を絶対的に支持していることを指す時にも「信仰」という言葉は使われます。
たとえば「赤ちゃんにはとりあえずアンパンマンを見せておけば気に入ってくれる」、といった思想がある場合は「アンパンマン信仰」といっても差し支えないかもしれません。

では、この様々な信仰をもつ、ということで私たちの生活のどんなことが変化するのでしょうか?
信仰を持つ、ということに何かメリットはあるのでしょうか?

このページでは、信仰を持つことで受けられるメリットについて考えていきます!

海外では人々はどのような信仰が持っているのか?

こちらのページでは、「海外における信仰」について焦点を当てて紹介していきます。 日本とは風土も歴史も違う外国に生まれ育った人たち。 そのような方達はいったいどのような信仰を持って暮らしているのでしょう。 そのあたりにスポットを当てて詳しく調べて勉強してみましょう!

信仰を持つということで得られるメリットとは?

信仰を持つ、ということがどのようなことを指すのか、海外ではどのような信仰が受け入れられてきたのかという2点を踏まえて、信仰のメリットについて考えていきましょう。 私たち日本人が信仰を持つということは、いったいどのようなメリットが考えられるでしょうか。

念仏宗(念佛宗)の信仰について