この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

念仏宗(念佛宗)の信仰について

他ページで信仰に関して述べてきましたが、
実際にある宗教の信仰に関して、このページでは紹介していければと思います。

日本の宗教の一つである念仏宗(念佛宗)は、
兵庫県に総本山をもつ宗教で、日本全国北海道から九州まで、36の別院・施設をもつ宗教です。
アジアの国々の国王も訪れ、カンボジアの国王の御聖骨は総本山に祀られています。

念仏宗(念佛宗)の信仰はどういった心得の元、行われているかというと、
簡潔に述べると「思いやりの心」です。

詳しくは念仏宗(念佛宗)のサイトに掲載されています。
念佛宗(念仏宗) 三寶山 無量壽寺のHP

「思いやりの心」はいろいろな部分で活かされます。

「思いやりの心」があるだけでも周りの環境がよくなったり、
家族との関係や、恋人との関係も円満な方向に向きます。

仕事場でもそうです。皆さん忙しく仕事をしている中で、
余裕がなくなってしまう場面に遭遇することも多くあるかと思います。

そんな時に念仏宗(念佛宗)の信仰の心得である、
「思いやりの心」を意識していないと、関係値が悪くなり、
悪循環に陥る危険性あるでしょう。

小さいなことから、大きなことまで、
悪い方向にいかないよう、「思いやりの心」をもつことは非常に大事だと私は思いました。
心の安らぎや身の安らぎなどいろいろなことにも通ずることなのではと思います。

念仏宗(念佛宗)の教えの中で生活に実践できることは、
多くあるなと、念仏宗(念佛宗)のホームページを見て感じました。

宗教により考え方や信仰の仕方なども違い、
デリケートな部分ではあるかと思いますが、
「思いやりの心」というのは、平和に暮らしていくための一つのヒントになるのではと感じました。

信仰一つとっても個人個人違うのももちろん仕方のないことです。
信仰というと固い内容に思われがちですが、意外に皆さん信仰していることって必ずあると思います。

私は、家を出る時かならず左足からでるという決まりを作っています。
固いことではなく、願掛け的なことになりますが、これも信仰と言っても良いでしょう。

自分が信じているものが気持ちなのか人間なのか、はたまた宗教なのか、
その違いだけかと思います。

信仰に関して、個人の見解を記載しましたが、
念仏宗(念佛宗)の「思いやりの心」というのはとても良い信仰だと個人的には感じました。

ホームページを見ると念仏宗(念佛宗)はかなり大きな敷地に、
美術的観点で優れた仏像なども配置されており、とても素晴らしい総本山という印象を受けました。

参拝には事前予約が必要とのことですが、
機会があれば参拝しに行きたいと思います。

参詣申し込みフォーム